トップ

AGAと生活習慣の関係

AGAは何故なるのか症状と原因

AGAの可能性がある症状とは

父親はじめ親族の男性陣の顔を思い浮かべて、いつまで頭髪を維持できるか?に自信が持てない男性は少なくありません。法事や結婚式など親族の集まりのたびに頭髪が寂しくなっている年配の親族男性を見るたびに心細くなっているところを、とどめの様に「お前もそろそろ俺たちの仲間入りだな」なんて声をかけられたら要注意です。なんとかして状況を食い止めたい、改善したいと思うなら、頭髪に大きな影響を与えるAGAについて理解しておく必要があります。

AGAの改善情報はこちらからどうぞ。

抜け毛など気になる症状が出てきたらあなたもAGAの可能性があるのですたとえば以下の症状に思い当たるものはないでしょうか?

・最近抜け毛が多く地肌が透けて見える
・髪の毛が細くコシがなくなってきた
・髪の毛が伸びる速度が遅くなった
・なんだか頭皮が脂っぽい

この、男性特有の頭髪が減少する症状、男性型脱毛症AGAは、年齢や栄養状態や体格に影響されるものではありません。まだ20歳台で、食生活に問題がなくてもAGAになる人は珍しくありません。では、AGAを発症する原因はどこにあるのでしょうか。

AGAの大きな原因は、男性ホルモンや遺伝が原因だと言われています。AGAの症状を誘発する主な原因物質は強い脱毛効果を持つジヒドロテストステロン(DHT)というものです。ジヒドロテストステロンが発生する仕組みは、男性ホルモンが毛根近くの皮脂腺から分泌される酵素5αリダクターゼによって、このジヒドロテストステロンに変化させられてしまうというもの。しっかりした太くて強い髪の毛になる前に、まだ成長途中の半分産毛の段階で抜け落ちてしまいます。これがAGA薄毛の原因なのです。AGA進行を阻止するには、5αリダクターゼの分泌をコントロールして、男性部分ジヒドロテストステロンに変換されないようにする必要があるのです。

Copyright © AGAは何故なるのか症状と原因. All rights reserved.